子供達とのハイキング、キャンプ、アウトドアを記録したブログ

箕面大滝はベビーカーでも楽々ハイキングコースです。【滝から帰り編】

スポンサーリンク
じゃらんnet

前回の記事では「駅から滝へ行く道」を書きました。
箕面大滝はベビーカーでも楽々ハイキングコースです。【滝へ行く編】

今回は滝から箕面駅まで帰るまでで少し寄り道したので
それを紹介したいなと思います。
箕面大滝03

スポンサーリンク


駅から箕面大滝へのコースは沢山あります。
行きと違うルートはベビーカー不可、でも山歩きの感じがいい。

箕面大滝05
子供たちに、生まれてはじめて見る高さのある滝の姿に驚いてもらって。

滝の前や周辺で、おやつ休憩や写真撮ったりしたあと
名物の「もみじあげ」を近くにあったお店で買って
(100円で2枚入り)食べました。

箕面大滝06

ごまの入った衣が美味しかったです!
が、もみじはやっぱり「もみじ」なんやね(笑)
なんか別のミラクルな味になってるんかと思ったんやけど、期待しすぎですね。

しかも、売ってた人の商売っ気のなさに父ちゃんがぶつぶつ・・・。
せっかく名物とか買うんやったら
売る気が見えるお店で買わないといけないのね、と改めて思いました。

このまま同じ道帰っても面白くないなぁ・・・とかいう話になってきたので
滝のそばの滝前休憩所でもらってきたガイドペーパーを見ながら
行く時には使わなかったルートである
川の対岸にある姫岩から楓橋へ行き
そこからもと来た道で駅へ向かうルートを選択しました。

箕面大滝07

姫岩を通り過ぎてから
振り返って橋を撮った写真です。
(右端が姫岩への道です。行きと比べて自然の気配が濃い感じ。)

箕面大滝08

こっちのほうが父ちゃんの好みにはあっていたようです。
姫岩から楓橋まで、すれ違った人、後ろから来た人ほとんどいませんでした。
(こちらの道はベビーカー用には舗装等がされていません。)

箕面大滝09

姫岩のところとかは
自然の中へハイキング来たって感じがすごくして私たち家族は良かったです。
ハイキングではよくある感じの階段の道が続きます。

途中の道ばたでなにかもぞもぞ動いてるから
何かな!?って思ったらモグラ!?ネズミ!?の赤ちゃんがいてびっくり。

箕面大滝10

うっかり踏みつけてしまいそうな場所にいたので
手で直接触らないように気を付けながら
すぐそばの大丈夫そうな場所へ移動してもらいました。

てくてく山道を下り楓橋まで到着。
しかし、もう少し寄り道したい!という父ちゃんの希望があったので
さらに紅葉橋から望海展望台への道も行くことに。

箕面大滝11

この紅葉橋を渡ってすぐの展望台への階段が
ほんま、びっくりするくらい急!!!
それも、石とアスファルトで出来た階段は途中からなくなり
山歩きの階段が延々つづく・・・

今回の一番難所がこのルートで間違いないと思います。
赤ちゃん連れとか絶対やめた方がいい。

ハイキング終盤でやること違うとおもうねんけど・・・とか思いつつも
300段近くある望海道を登って見たどり着いた
展望台からの景色は綺麗でした。

「やっほー!!!」と叫ぶ子供たち。
山にいるとやりたくなる定番なのかなぁ・・・(笑)

ガイドマップによると、大阪湾を一望できるとのことです。
実際、この日も南港のほうは見えていたように思います。
箕面大滝12

箕面大滝への行く道はいくつもあるようなので
次に来る時は別のルートでもいいねと話しながら帰りました。

箕面大滝への参考ホームページです。

箕面公園 公式サイト
http://www.mino-park.jp/

箕面温泉スパーガーデン
http://minoh-spa.ooedoonsen.jp/

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

error: コンテンツ保護されています。