子供達とのハイキング、キャンプ、アウトドアを記録したブログ

アウトドアにキャンプに。アルミすのこ買いました。【使い道と感想】

スポンサーリンク
そとあそびキッズ

次のキャンプに行く前に
どうしても手に入れたいと思っていた物があります。

アルミすのこ紹介02

それが「アルミすのこ」です。
今日はそれを衝動的に買ってしまったので
その感想と使い道を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク


キャンプだけじゃない。公園やアウトドアに。車のトランク常備品。アルミすのこ。

第1回「やぶっちゃキャンプ」(未掲載)
第2回「モビレージ東条湖」のキャンプ

モビレージ東条湖に行ってきました。

この2回のキャンプでは、テント前の足の靴脱ぎ場として
100均のすのこを使用していました。

でも、テント前のインナーテント前の踏み台に
(玄関マット的な)感じで使用すると
100均のすのこって
そういう使用用途には向いてないらしく
(向いてない、というより乗っちゃダメ!って商品説明書きに書いてあったりします・・・(‘ω’))
すぐにバキッと折れてしまいました。当たり前ですよね。乗っちゃダメって・・・(割愛)

体重のってきたら折れそうな強度やなー。と思いながら使ってたのですが
うちの子供達・・・靴脱いですのこに飛び乗ったんですよ(*_*;
そうか・・・。飛び乗るを忘れてたわ母ちゃんは(笑)

で。ちっちゃいレジャーシートで代用も考えたんですが、
「飛び乗る」という技をくりだす子供達にレジャーシートは
砂利や土のサイトやなんかで起こる事象「砂や土を呼び込む」が発生するわけでw
「飛び乗る」からの「シートはたく(怒)」のエンドレスな事態になるよなぁって思ってたのです((+_+))

で、もうここは買ってしまえ!と
ヒマラヤに物色に行った際に
ほぼ衝動買いの勢いで買ってしまいました。

でも買って良かったです。ホンマに。

地面の状態を気にせず置ける!アルミすのこ便利です。

芝生でも砂利でも、土のサイトでも
サイトの状態を
ほとんど気にすることなくさっと置いて
気兼ねなくバンバン上から乗ることが
できるようになってストレスが減りました。

これで飛び乗ろうが滑りこもうが
母ちゃんはイライラすることがなくなりました(^^♪

100均のは木やから
置く場所が安定しない場所やふわふわした所に
置いて上から乗っただけで折れました・・・。
(何度も言いますが、100均のすのこは人が乗る為にできていないので
使用するなら自己責任で願います。)

あと、買って思ったことは
どこにでもさっと置けるから、
公園とかハイキングとか海とか行った時など帰る前に
「うわ!汚れてるー!」って
レジャーシート全部片づけた!出すのめんどくさい!って時に
靴の汚れや服の汚れを気にするような時とかさっと出して使えます。

アルミすのこ紹介01
折りたたみができるのでコンパクトになるので
常に車のトランクに入っています。

大きさ比較にポケットティッシュを置いてみました。
アルミすのこ紹介03
大人だと座ったりの使用とかはできないかもですが
これ1個あるだけで本当に快適度はあがったなと思っています。

でもお座敷スタイルなら要らないよw

キャンプって、いろんなスタイルがありますよね。
今までおすすめポイントを書いといてなんなんですが
「キャンプのリビング部分はレジャーシート全面引いてお座敷スタイルがいい!」
って方には、アルミすのこ・・・響かないと思います(^_^;)

っていうか、買わなきゃよかった!!!
ってなるかも・・・。ごめん。

好みは人それぞれ。自分にあったスタイルを

でも、人それぞれ住んでる家が違うように
アウトドアで過ごす時に重要なポイントって違うと思うんです。

だから、ちょっとずついろんな物を試していって
ご自分とご家族にあったスタイルを楽しく試行錯誤していく。

そんな一助にこの記事がなれば幸いです。

参照サイトです

ヒマラヤスポーツ
https://www.himaraya.co.jp/

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

error: コンテンツ保護されています。