子供達とのハイキング、キャンプ、アウトドアを記録したブログ

河川敷でコールマンのテント&タープメンテナンス

スポンサーリンク

本日は我が家のキャンプシーズン前の
恒例行事というかメンテナンスに行ってきた話

キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ

毎年シーズン前には必ず行う話で
テントとタープの状態を把握するために絶対と思ってるので是非参考になればとおもいます。

スポンサーリンク


我が家の恒例テントとタープ簡単メンテナンスのやり方

なんでキャンプに行く前に
必ずメンテナンスと称して開けてみるのが大事かというと。

● テント&タープの傷&破れ、部品の欠損
● カビがないか
● 臭い等不具合の有無

のチェックです。

キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ

実際キャンプの当日に上記のような事が起こると
楽しいはずのキャンプのテンションが一気に下がる原因に。

とくに我が家の場合
そういったトラブルで「寝れない」となると
一気に夫婦仲が悪くなるので絶対に避けたいところ。

なので1年のキャンプシーズン前と
大雨等に見舞われて、ずぶ濡れ撤収となった際など
休日を使ってメンテナンスは必須になります。

国営木曽三川公園にてメンテナンス

大阪に住んでいたときは自宅は一軒家だったものの
テントやタープがメンテナンスできるスペースなどなかったので

BBQができる大きな公園にてメンテナンスをしていました。

愛知へ来てからはマンションなので、さらに干せるスペースがないため
広い整備された河川敷を利用して外遊びがてらメンテナンス。

行ったのは
国営木曽三川公園 東海広場 西エリア

2020年の夏前は対岸の東エリアでメンテナンスをしてました。
こんな水場があったりして過ごしやすい良い場所です。

国営木曽三川公園 東海広場 東エリア

ただ最近は臨時休業してたりするので事前に調べてから行くことをおすすめします。

今回はショックコード取替&テント補修も

通常、我が家のメンテナンスの場合

  • 軽く設営
  • 付属品の不足のないかチェック
  • 傷&破れ等異常のチェック
  • カビ等の汚れ拭き上げ

という感じなんですが

今回は前年の9月岐阜の白川、クオーレふれあいの里での設営時にポールのショックコードが切れるというアクシデントがあったのと

【設営編】クオーレふれあいの里で水遊び!1泊2日オートキャンプ

タープとテントの連結時に使用する部分のひっぱりすぎによる雨漏れが発生してきているので
そのメンテナンスも同時にやります。

ちなみに雨漏りが発生した時の話はこちら

奥飛騨温泉郷ACでガッタンゴー!3泊4日怒涛の雨キャンプ【設営編】

キャンプ中には触れてなかった話なんですが
2日目からずっと雨漏りがしていて
ひどくなかったから良かったものの本気でタープ買い替えの話がでてました。

河川敷に到着!

広げれそうな場所をみつけて
とりあえずテントから広げてみることに。

前回、撤収時には晴れていたものの完全乾燥とはいかなかったので
少し心配していたんですがテント自体は問題ナシ。
変な臭いもナシ。

ほっとしたところで
ポールのショックコード交換をします。

キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ

使用したのはこちら

どのくらい張りを出せば良いかとか分からずやってたけど
ノビノビにならないようにだけは気をつけました。

この時、子供たちと父ちゃんは
せっかくの広い芝生!ということで…遊んでます

手伝えー!!!と思いつつ
芝生で遊ぶのも楽しいし週末の良い思い出になればいいさ…という気分でテントのメンテはこれで終わり

続いてはタープのメンテナンス。

こんな感じで自立式スクリーンタープのためペグ打ちなど控えて設営。
これは2020年夏前の時のもの

このころから風が吹いてきて設営するにも結構な風!
他のご家族の設営していたテントが結構風通し良くひらひらと全開だったりしてたのは、この強風のせいか!と納得。
(ヤバそうと判断したのでペグ打ちました。)

写真の赤ラインで囲った部分あたりから水漏れが発生
キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ
本来はシームレステープの交換でも良いかとも思ったんですが
強く引っ張りすぎて布地も傷んできてるので
補修布を内張りするかたちで補修。

あくまでも自己流。使用したのはこちら。

キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ

1枚だけカットすれば良かったのに
2枚まとめて切ってしまった!!!
ショック…なんかで使おう…

貼り終えた様子がこちら
キャンプ メンテナンス テント コールマン スクリーンタープ
水漏れ部分よりもだいぶ範囲を大きく貼ってみました。
たぶん、これで大丈夫なはず…

※後日キャンプで雨と強風に見舞われましたが、雨漏りは防ぐことができました。
どこまで耐久性があるかは分かり次第更新します。

最後に昨年のメンテナンス時にしっかりできなかったスクリーンタープの防水スプレーをふって終わりです。

強風で薬剤が自分にかからないように気を付けながらざっと全体に塗布。

我が家は1回のメンテナンスでテント1本タープ1本の合計2本を消費してます。

まとめ

そんなこんなで
テントとスクリーンタープのメンテナンスは終了です。

白川の時に完全乾燥してから撤収できてなかったので
若干不安もあったんですが
あまりカビもなく汚れてなかったので作業を省けて良かった
(汚れてたら雑巾でゴシゴシも追加作業だったので…)

4月からのキャンプシーズンを楽しみたいと思います!

スポンサーリンク


スポンサーリンク